ネッティングの編み方
作る 4

ネッティングの編み方

ネッティングの編み方を図で解説します!

難易度

ネッティングとは

ネッティング編み図

ネッティングとは、ネット( 網) 状の模様をつくる編み方です。

ビーズステッチの中で最も古典的なステッチで、紀元前の昔から世界中で親しまれてきた技法です。

通したビーズを一定の間隔で拾うことで、ひし形や三角形のスペースができて連続して並び、ネット状の透け感のある軽やかな編み地に仕上がります。

糸の引き加減により、編み地の固さに差が出ます。

基本の編み方

ネッティング編み図1.1 段めの左側となるビーズと交点のビーズ、ターンするビーズを通します。
※ここではビーズ2個おきに交点ができるパターンで解説します。実際に通すビーズの数はレシピに従ってください。

ネッティング編み図2.1 個手前のビーズを拾ってターンします。

ネッティング編み図3.右側となるビーズを通し、交点のビーズを拾います。1段めが編めました。

ネッティング編み図4.続けて上方向に左側となるビーズを通し、1 個手前のビーズを拾ってターンします。

ネッティング編み図5.右側となるビーズを通し、交点のビーズを拾います。2 段めが編めました。

ネッティング編み図6.続けて下方向に左側となるビーズを通し、1 個手前のビーズを拾ってターンします。

ネッティング編み図7.右側となるビーズを通し、交点のビーズを拾います。3 段めが編めました。

ネッティング編み図8.3~7を繰り返します。

糸始末

ネッティング糸始末編み地の糸の流れに沿ってビーズを拾い、2 ~ 3 箇所玉留めをして糸を切ります。

編み地で糸が交差するように拾うと抜けにくくなります。

ネッティングを使った作品

ネッティングのツインリヴォリブローチ~ブリリアンス~

ネッティングのツインリヴォリブローチ~ブリリアンス~

ネッティングのネックレス/アメジスト

ネッティングのネックレス/アメジスト

ほおずき色のネックレス

ほおずき色のネックレス

ネッティングチューブで編むネックレス~Bamboo~

ネッティングチューブで編むネックレス~Bamboo~

23 いいね

この記事がよかったら♡いいねを押してください♪

23 いいね
作る ステッチの編み方
公開日:2018.05.30

こちらのコンテンツもご覧ください

ネッティングの編み方|ビーズステッチ.com

ネッティングの編み方を図で解説します!