ブレークタイム1:「和風ばっふぇる」京都:辻利兵衛本店
知る 3

ブレークタイム1:「和風ばっふぇる」京都:辻利兵衛本店

ビーズステッチ作品づくりの合間にちょっと一息したいときや、一段落したあとの「おいしいお楽しみ」。人気教室のブレークタイムを、ちょっとのぞいてみましょう♪

和と洋のコラボ度

ビーズステッチを教室で習う生徒さんには、「お教室に通う楽しみのひとつは”おやつタイム”です!」という方がとっても多いんです!
作品づくりは集中する作業なので、意外と糖分補給も大事なんだとか…。

レッスンの合間や、終了後にちょっとした「おやつタイム」を設ける教室では、先生や生徒さん同士との親睦が深まるステキなひとときになっているようですね。

このシリーズでは、そんな「ブレークタイムのおいしいお供」をご紹介してゆきます!

宇治のお茶屋さんがつくる和風クリームサンドクッキー

ばっふぇる

今回お話をうかがったのは、東京都杉並区でアクセサリー工房Y’sを主宰する渡辺由美子先生
この日は、生徒さんからお土産でいただいたという京都:辻利兵衛本店の「和風ばっふぇる」を、みなさんで召し上がったとのこと。

「和風ばっふぇる」は、ドイツのお菓子「ヴァッフェル(ワッフルの意味)」をアレンジしたクリームサンドクッキー。サクサクっとした食感と、上品なクリームの組み合わせが幅広い世代に人気なのだとか。
お味は、新芽を摘み、石臼で挽いた抹茶が入った薫り高い「抹茶」と、子供にも人気という「バニラ」のふたつ。日本茶はもちろん、珈琲や紅茶にも合うそうです。

「お教室でお菓子をお出しするときは、手が汚れたときのためにウェットティッシュを用意したり、今日みたいに生徒さんがお土産を持ってきてくださったときにすぐに皆さんでシェアできるよう、かわいい紙ナフキンを常備しているんですよ」(渡辺先生)

ただおいしいものを出す、というだけでなく、お教室ならではの心遣いもあるんですね。

これからも、「ブレークタイムのおいしいお供」をご紹介してゆきます。どうぞお楽しみに!

—————————————-

お教室を取材させていただける方、ビーズステッチ.comの記事づくりにご協力いただける方を募集しています。
こちらのお問合せフォームよりご連絡ください!

今回おじゃましたお教室

アクセサリー工房Y’s

東京都・杉並区で、少人数制の丁寧なレッスンを展開する。
初心者向けから資格取得を目的としたものまで、様々なコースを用意。体験レッスンも随時受付中。

■ 講師プロフィール
渡辺 由美子(わたなべ ゆみこ)
「アクセサリー工房Y’s」 主宰。
2009年~2012年アメリカのビーズイベントBead &Button Showにてワークショップの講師を務める。現在ビーズステッチCreative Teamメンバーとして、教材の開発・デザインに携わる。
共著に『ビーズステッチで編むネックレスのための模様編み集」』『ビーズステッチで編む花の模様編み集』がある。
2006年 ビーズアートジャパン大賞 イエローリボン賞受賞、2008年 ビーズアートジャパン大賞 銅賞受賞、2010年 ヨーロピアンビーズで作る コスチュームジュエリーコンテスト 銅賞受賞。

この記事がよかったら♡いいねを押してください♪

知る ブレークタイム
公開日:2018.04.23

こちらのコンテンツもご覧ください

ブレークタイム1:「和風ばっふぇる」京都:辻利兵衛本店|ビーズステッチ.com

ビーズステッチ作品づくりの合間にちょっと一息したいときや、一段落したあとの「おいしいお楽しみ」。人気教室のブレークタイムを、ちょっとのぞいてみましょう♪