ターンステッチの編み方
作る 1

ターンステッチの編み方

ターンステッチの編み方を図で解説します!

難易度

ターンステッチとは

ターンステッチ編み図ビーズを複数個通し、最初に通したビーズを同じ方向から拾って
輪にする技法です。1段ごとに編み方向が変わり、往復しながら
編み進みます。2 段め以降はターン部分の輪の頂点のビーズを拾
い、前段とつなぎます。

もともと「ピコット」や「ループ」と呼ばれる端の装飾に使われ
る技法をベースに、フラット、チューブラー、サーキュラーなど
多彩な表現が可能なステッチです。

ターンステッチ編み図ターンステッチの最初に通し、拾うビーズを「ベースビーズ」といい、その他の通したビーズを「飾りのビーズ」といいます。また、目と目の間隔をあけるときに通すビーズのことを「ブリッジ」といいます。

ターンステッチの編み方

ターンステッチの編み方11.ビーズ4 個を通します。

※ここでは4個を通して解説してゆきますが、実際の個数は作品のレシピに従ってください。

ビーズステッチ編み図22.1個めのビーズを同じ方向から拾います。

ビーズステッチ編み図33.糸を引いて輪にします。ターンステッチが1目編めました。

ビーズステッチ編み図44.ブリッジのビーズと次の目のビーズを通します。

ビーズステッチ編み図55.ベースビーズを拾い、引き締めます。2目めが編めました。

以降、同様にして編み進みます。

糸始末について

 

ターンステッチ糸始末

ターンステッチの目を拾い、ベースビーズの手前で玉留めをします。もう一度同様に繰り返し、ビーズを拾って余分な糸を切ります。

ターンステッチを使った作品

ターンステッチアレンジのロングネックレス「クレール」

ターンステッチアレンジのロングネックレス「クレール」

ターンステッチサーキュラーのペンダント「マーガレット」

ターンステッチサーキュラーのペンダント「マーガレット」

ターンステッチのロングネックレス「エルフィー」

ターンステッチのロングネックレス「エルフィー」

ターンステッチとデージーチェーンのネックレス「ミルキーウェイ」

ターンステッチとデージーチェーンのネックレス「ミルキーウェイ」

38 いいね

この記事がよかったら♡いいねを押してください♪

38 いいね
作る ステッチの編み方
公開日:2018.04.23

こちらのコンテンツもご覧ください

ターンステッチの編み方|ビーズステッチ.com

ターンステッチの編み方を図で解説します!