脱マンネリ!マルチホールビーズで新しいビーズステッチ
学ぶ 18

脱マンネリ!マルチホールビーズで新しいビーズステッチ

マルチホールビーズで新しいビーズステッチ作品を作ろう!作品と習える全国の教室を紹介!

ビーズステッチの世界が広がる度

こんにちは!札幌でビーズ教室の開講や作品販売をしているすみえです。

昨今、ビーズステッチ界がマルチホールビーズでざわついています

マルチホールとは、ビーズの穴が複数個あるビーズのことです。
ビーズの穴が多いとどうなるのか?というと、これまであった技法のアレンジが増え、ビーズステッチの表現がさらに多岐にわたるようになります。

今回は、このマルチホールビーズを使った新しいビーズステッチ作品をご紹介します!

作り方をていねいに教えてくれる全国のお教室情報もあります♪

スパイラルロープをマルチホールでアレンジ!~アライン~

こちらの作品、一見どんな編み方をしているのかな?と思うかもしれません。
実は、ビーズステッチの基礎で学ぶスパイラルロープなんです!

ゼット型のマルチホールが整然と並んでみることから「~を整列させる」という意味のアライン(aline)という作品名になったそう。

おなじみスパイラルロープもマルチホールを使うと全然違う印象に!
複雑そうに見えますが、芯も飾り部分も両方をマルチホールを使うことで「へぇ~」と思わず言ってしまうような作品です。

こちらの作品は、

・スパイラルロープの応用を学ぶことができる
・市販では入手しにくい珍しいマルチホールビーズで作品が作れる
・どうつかっていいかわからなかったマルチホールビーズの使い方がわかる

基礎を学んだ後の応用としてとてもオススメ!の作品です。

普段の辛口コーディネイトにピリリとしたアクセントになります。

ビーズアクセサリーを作った方のある方なら、これどうやって作ったの?と質問されてしまうかもしれません!

マルチホールでパーツを作る!トリプルモチーフのネックレス~ミッドナイト~

中心のパーツが印象的な作品。

これもマルチホールだからこそ表現可能な造形です。

「こんな素敵な作品、作れるかな…?」とお考えの方も安心して下さい!

見た目と裏腹にとってもシンプルな構造なので、むしろ初心者さんに是非作っていただきたい!くらいです。

私のお教室では「先生、これ難しいんでしょ?」との質問が多かったですが、想像より手早く簡単に作れて、しかも豪華!

ポイントは…

・簡単だけど豪華
・ビギナーさんにも作りやすいシンプルな構造
・立体的なパーツの作り方を学べる

大ぶりのパーツになので一見、派手そうにも見えますが、落ち着いた色合いなので、普段使いにもぴったりです。

さらに、パーツは表裏で表情が違うので、リバーシブルで楽しめますよ♪

まるで一筆書きのように作る!~ホワイトローズ~

女優の竹下景子さんがテレビ出演※の際に身につけたネックレス!

レースのような透け感が可憐な、「憧れの作品」のひとつです。

作る前は、
「一個一個パーツを作って…つなげて…大変そうだなぁ~」
と思っていたら、なんと一本の糸で一筆書きのように作るためスルスルッと作れてしまうんです!

そんな編み方が可能になるのも、マルチホールビーズを使っているから!

こちらの作品は、

・使用するビーズが少ないためビギナーにおすすめ
・糸つぎがないため、手間とストレスなく作れちゃう
・ホワイトとゴールドの配色が顔周りを明るく見せてくれる
・簡単にコスチュームジュエリーテイストの作品が作れる

透け感が素敵で、夏の装いにもぴったりな作品です。
ホワイト×ゴールドの色使いは、着る物を選ばず何にでも合うので、気づいたらヘビロテしているかもしれません♪

さらに!この作品は、イヤリングやブレスレットにアレンジして楽しむこともできるんです。

とってもゴージャスなセットアップが完成しますね♪

アレンジはこちらのお教室で作ることができますよ!

カジュアルにもフォーマルにも!「YUUBAENOHANA」

夏の夕日のような赤とゴールドの色使いが素敵な作品です。

お花のモチーフをマルチホールビーズを使い、大小のパーツを一本の糸で続けて編みます。

裏面と表面で表情が違うマルチホールを効果的に使った、リバーシブルで楽しめる作品です。

留め具がなくかぶりで身につけられるので、Tシャツなどのカジュアルな装いにサッと気軽に合わせられます。

赤は身に付けているだけで、気持ちが明るく元気になりますね♪

こちらの作品で学べるポイントは、

・マルチホールビーズの裏表の表情の違いがわかるようになる
・チェーンがねじれない製作のコツが学べる
・チェーンとビーズステッチのコラボの仕方が学べる

マルチホールビーズで新しいビーズステッチの世界へ!

今回ご紹介した作品はどれも、マルチホールビーズの特性を活かしたもの。ビーズステッチの世界を新しく広げてくれます。

同じ技法でも、マルチホールビーズを使うだけで違った印象になりますが、裏表があったり立体だったりするので、今までにないチャレンジをすることができます。

とはいえちょっと難しそう…?と不安な方は、ぜひ全国のビーズステッチのお教室へ行ってみてください。
美しく仕上げる裏技や立体造形のコツなど、自分で作るだけでは気が付かない制作のポイントを学べるのも、お教室のメリットです。
自分では知らなかった作品や、新しい仲間にも出会えるかもしれませんよ!

この作品を作れる全国の教室はこちら!


この記事を書いた人

プロフィール画像すみえ

すみえ

北海道札幌市で「工房めがねゆきうさぎ」を主催。
コスチューム&ファインジュエリーのデザイン、作成、教室運営する一方、気象予報士としてメディア出演多数。道内各地で気象や防災に関する講演なども行っています。
2010年より本格的にビーズワークに取り組み、2013年より教室を開講。プロを目指す生徒さんの育成・アドバイスもしつつ、現在は、オリジナルキットの販売や企業のプロダクトデザインのアドバイスや技術指導、展示会での作品発表、デパート催事なども実施しています。

■ WEBサイト「工房めがねゆきうさぎ」

この記事がよかったら♡いいねを押してください♪

学ぶ 作品紹介
公開日:2019.07.16

こちらのコンテンツもご覧ください

脱マンネリ!マルチホールビーズで新しいビーズステッチ|ビーズステッチ.com

マルチホールビーズで新しいビーズステッチ作品を作ろう!作品と習える全国の教室を紹介!