ハロウィンのネックレスができるまで・第1回
未分類 6

ハロウィンのネックレスができるまで・第1回

ハロウィン用のビーズステッチアクセサリーができるまでの過程をご紹介!

オリジナル作品のヒント度

はじめまして。、木谷陽子と申します。
今回からしばらくの間、「季節のレシピ」を組み立てていきたいと思います。
作品ひとつにつき、イメージ・レシピ(作業用)/実作業/DL用レシピ公開 の三回構成でお送りいたします。
おつきあいいただけると幸いです。

着用目的と設計思想

オリジナルアクセサリーを作るときに、コンセプト=「いつ着ける」「何と着ける」「どう使う」を具体的に考えておくとデザインを組み立てやすくなります。

「いつ着ける?」
この本文書いてる九月の翌月が十月、月末はハロウィンです。最近は日本でもハロウィンが流行ってきたので、イベント当日でなくても来月いっぱいいつでも着けちゃおう的なヨクバリプランです。

「何(どんな服)と着ける?」
私自身、普段の装備がシャツにロングカーディガンないしジャケット、余程ドレスコード的なものが無い限り大体パンツ…という地味仕様なので、「シンプルなシャツにつければハロウィンイベントと飲み会に行ける感じ」で決めてしまいます。

「どう使う?」
ハロウィン用季節物でもあるので、10月の間使い倒したいですね
ショッピングなどのちょっとしたお出かけにも使える感じで考えました。
個人的には、月末にハロウィン飲み会の予定があるので、仮装とはいきませんがハロウィン気分を盛り上げるアクセサリーとして使いたいなと考えています。

完成イメージを描いてみる

コンセプトを決めたら、完成イメージを絵に書いてみます。いわば設計図ですね。
今回は、ペヨーテサーキュラーステッチで編むボールを連ねたネックレスにしようと思います。

ハロウィンのアクセサリーを作る11枚め。うわ~黒~い!鉛筆書きで

オリジナル作品をつくる経過をよそ様に見せるなんてあまりないので、頭の中ではどんなことを考えているか?も、いろいろ書いています。

ハロウィンのネックレスを作る2

2枚めです。

どんなパーツやテクニックを使って形にするか?ということにも悪戦苦闘している様子をご覧ください;

苦悩の末…イメージ完成!

あれこれと試行錯誤しましたが、こんな感じに落ち着きそうです。

ハロウィンのアクセサリーを作る3

チェーンと称して黒い線をぐっと引いてますが、パールでもいけるかなと思い、その後ろに水色の円も書いてみました。

付け替え用のパールも考慮して買い物しよう。

ハロウィンのアクセサリーを作る4

具体的にどんな編み方でモチーフを作るか、の図。

実は私、集中力が続かないタイプなのでいかに手間をかけず、効率良くできるか?を重視しています。

ボールを1日1個作ればできるかな…。

ところでサーキュラー球体でキャラクターを作るときは目や口の位置を決めるのに苦労しますよね。

編み始める前にビーズの位置がわかるアプリでも発明されると良いなぁ~。

構想が固まったので、次回はお買い物と実作業にいきたいと思います。

またね!


この記事を書いた人

木谷陽子 (きたにようこ)

ビーズ歴7年、岡山県倉敷市にてオーダーを受けてアクセサリーを制作したり、レンタルボックスへの出品などの活動をしています。

この記事がよかったら♡いいねを押してください♪

未分類 メイキング
公開日:2018.10.03

こちらのコンテンツもご覧ください

ハロウィンのネックレスができるまで・第1回|ビーズステッチ.com

ハロウィン用のビーズステッチアクセサリーができるまでの過程をご紹介!