ビーズステッチの通信講座ってどうなの?
学ぶ 4

ビーズステッチの通信講座ってどうなの?

ビーズステッチを自宅で学びたい!内容は?料金は?本当に上手になるの…?通信講座について調べてみました。

自宅でスキルアップ度

ビーズステッチ通信講座の気になる中身を公開!

ビーズアートステッチ認定講座

ビーズステッチの腕を上げる一番の早道は「上手な人に習うこと」!

でも、

「近くに教えてくれる人がいない」

「習いに行く時間がない」

なんてお悩みを持つ方もきっと多いですよね。

そんなとき頼りになるのは「通信講座」

しかしここでまた、

「通信講座で本当に上手になるの?」

「できなかったら挫折しそう…」

「安い買い物じゃないんだから失敗したくない!」

などなど、いろいろな不安がでてくるもの。
実際のところはどうなんでしょう?

というわけで今回は、ビーズステッチ専門の通信講座について、ビーズに関する様々な情報を12年にわたって発信しているAll Aboutビーズガイドが調べてみました!

日本唯一!?ビーズステッチ専門の通信講座

ビーズアートステッチ認定講座

今回取り上げるのは、手芸やフードアートなどの先生を育成する事業を行っている「楽習フォーラム」の、「ビーズアートステッチ認定講座」です。

ビーズアクセサリーの通信講座は他にもいくつかありますが、ビーズステッチ専門の通信講座は、2018年7月時点ではこれのほかに主だったものは見つけられませんでした。

通信講座が選ばれる理由

通信講座の最大の魅力は、自宅にいながら学ぶことができることです。

ビーズアートステッチ認定講座」の受講期間は最大で15ヶ月間なので、自分の都合に合わせて課題に取り組めますね。
※ビーズステッチのそのほかの学び方については「ビーズステッチ4つの学び方」もご覧ください。

通信講座でもプロライセンスを取れる

ビーズアートステッチ認定証この通信講座の特徴は、合格すればプロライセンス=認定資格を取得する権利を得られることです。

プロとアマチュアの区別があいまいなハンドメイドの世界だからこそ、資格は客観的な技術の証明として、ビーズのプロとして活動する上で大きな強みになります。

もちろん資格の取得は任意なので、趣味として楽しむことも可能ですよ。

※会員特典や会員支援の詳しい内容は楽習フォーラムのWEBサイトをご覧ください。

目的に合わせて選べる2段階構成

「ビーズアートステッチ認定講座」は、前半のベーシッククラスと、後半のアドバンスクラスの2段階構成になっています。

ベーシッククラスに合格するとディプロマ証を取得する権利が得られ、アドバンスクラスまで合格するとプロライセンスである認定証を取得する権利を得られます。

少しだけやってみたい、ということならまずベーシックだけ受講しても良いので、やる気と目的に合わせて選びましょう。
なお「権利を得られる」と表記しているのは、ディプロマ証や認定証の取得は任意だからです。

ビーズアートステッチ認定講座ベーシッククラス

ベーシッククラスでビーズステッチの基礎を習得

ビーズアートステッチ認定講座アドバンスクラス

アドバンスクラスではさらに高度な技術を学びます

11作品でスキルアップ

ビーズアートステッチ認定講座教材

通信講座を申し込むと、課題作品のキット(ビーズなどの材料一式)・スターターセット(針や糸などの道具セット)・テキスト・テクニックブック・DVDが送られてきます。

課題作品は、ベーシッククラス5作品、アドバンスクラス6作品。
これらをすべて完成させて提出し、審査を受けます。

全部で11作品なので、けっこうなボリュームですね…。

しかしこの11作品に10種の編み方応用テクニック理解しやすい順番で組み込まれており、一通り作ることで、ビーズステッチの基礎を一気に、体系的に学ぶことができます

ビーズアートステッチ認定講座コーディネート

講座で作る課題作品を使ったコーディネート例

この講座のうれしいポイントは、課題作品のデザインがオシャレなこと!
大人っぽい色合いで、どんなテイストの洋服にも合いそうです。

作ったあとは当然、自分で使うことができるので、デザインは大事ですよね。

また、マルチホールビーズという穴が複数あいたトレンドのビーズが使われていて、市販のアクセサリーにはない個性と高級感が感じられます。

「先生代わり」の頼れるテキストとDVD

フルカラー&詳細なテキスト

さて一番気になる、「作り方」の部分です。
『テキスト』はベーシック、アドバンスともにフルカラーで、写真が豊富な印象。手順はかなりこまかく区切って説明されています。

糸の通し方から、間違いやすいポイントまで、ていねいに書いてありますね。

ビーズアートステッチ認定講座教科書1

ビーズアートステッチ認定講座教科書2

実際の手の動きは動画で一目瞭然

※上の動画を再生すると音声が出ます。

テキストと合わせて必ず見ておきたいのが『DVD』

一連の手順が音声解説付きで収録されており、テキストと合わせることで理解度が格段に上がります!

糸の引き方や編地の持ち方などは、テキストには載っていない動画でこそわかるポイントですよ!

重宝するテクニックブック

さらに、主要なステッチの編み方・糸始末の仕方・応用方法のほか、材料や道具、アクセサリーメイキングの基礎知識をまとめた『テクニックブック』もついています。

これも写真が豊富でとても詳しく、暇をみつけて読み込んでおきたくなります。
ビーズステッチの辞書といった感覚で、長く使えそうですね。

ビーズアートステッチ認定講座テクニックブック1

基本の編み方をバリエーションも含めて解説

ビーズアートステッチ認定講座テクニックブック2

レシピに登場する用語の意味も1からわかる!

10年ぶんのノウハウを集結

楽習フォーラムのビーズステッチ認定講座は、発足から10年以上!

教科書とDVDは、雑誌や書籍などでも活躍する現役のトップクラス講師たちが開発を担当し、半年以上の時間をかけて長年のノウハウを反映させたものだそう。

プロ認定が取れる=人に教えられるほど深く理解する必要があるからこそ、徹底的にわかりやすく作られているんですね。

トータルでいくらかかるの?

ビーズアートステッチ認定講座費用ベーシッククラスは24,840円、アドバンスクラスは27,000円、ベーシックとアドバンスを同時に申し込むと49,680円です(税込)。同時申し込みだと少しお得ですね。

さらに、ディプロマを取得する場合は10,800円、認定資格を取得する場合は32,400円(ディプロマ料含む)が、認定料として別途かかります。

さらに楽習フォーラムへ入会する場合は、入会金3,240円(初回のみ)、年会費3,240円が必要です。その他の経費や更新料はかかりません。

認定の取得および、楽習フォーラムへの入会は任意です。

プロライセンスが取れる講座ということだけあって決して安い金額ではありませんが、受講生の約9割が認定資格を取得し、楽習フォーラムへ入会するそうです。

実際やってみた人の意見は?

特長についてはわかったけれど、やっぱり受講生の声をきくのが一番!
というわけで、実際にビーズアートステッチ認定講座の通信講座で認定資格を取り、プロ講師として活動している菊地斉子さん(栃木県)、横須賀康代さん(茨城県)、長嶺小牧さん(沖縄県)の3名にインタビューをしてみました!

 

Q.通信講座をえらんだ理由は?

A.「近くに教室がなく、自宅に居ながらにしてビーズの世界が更に広がると思い申し込みました。」(菊地さん)

A.「通える教室があっても日程が合わなかったので、自分のペースで学べる通信講座を選びました。」(横須賀さん)

A.「特定の先生の指導を受けるのではなく、あえてフラットな条件で学べる通信講座に挑戦しました。」(長嶺さん)

 

Q.実際に受けてみた感想は?

A.「不安はありましたが、テキストをよく読めば理解することができました。実物大の写真もあるので作る上でとても参考になると思います。今まで知らなかった技法が分かるようになり、ひとつひとつの課題作品を楽しく作ることができました。
提出期限が15ヶ月後と長いので、自分の空いている時間で無理なくできました。」(菊地さん)

A.「自分のペースで進められるのが何よりの魅力です。作品を提出するときも、再審査料が1回分含まれているので、安心感がありますね。」(横須賀さん)

A.「テキストの解説が丁寧でわかりやすかったです。糸掛けの方法、始末の方法なども写真付きで掲載されていて親切だと思いました。テクニックブックの内容も充実していて、役立っています。」(長嶺さん)

 

Q.現在の活動について教えてください

A.「宇都宮市・河内郡などのカルチャーセンターで月に6~7日、生徒さんに自分のペースで楽しくつくっていただけるクラスを開講しています」(菊地さん)菊地さんの教室はこちら!

A.「茨城県水戸市を中心に、レンタルスペースやカルチャーセンターでプロを目指す方から初心者の方までを対象に指導しています。」(横須賀さん)横須賀さんの教室はこちら!

A.「4ヶ所のカルチャーセンターで月に2回程度、講座を開いています。ビーズステッチの他にも様々なレッスンがあります。」(長峰さん)長嶺さんの教室はこちら!

 

Q.通信講座におすすめなのはどんな人?

A.「習いたいけれど通える範囲や時間帯に教室が無い方、自己流でステッチをしていて、教室までには行かなくても技術を磨きたい方。最新の”WIZ style”はカリキュラムがさらにわかりやすくなっているので、初心者でも興味があれば誰でも楽しめると思います。」(菊池さん)

A.「仕事を持っていたり、介護や子育てで家をあけられない方。」(横須賀さん)

A.「プロになれる講座なので、作家や講師などになりたいという目的を持っている方にはぴったり!」(長嶺さん)

「やってみたい」が始めどき!

「知っていること」「できること」が増えるほど、ビーズステッチの世界は広がってゆきます。
何かを始めるのに、早すぎることも、遅すぎることもありません。
「やってみたい」気持ちこそが、理解力と持続力の源です。

「ビーズアートステッチ認定講座」は認定資格を取れるものなので、身につけられる知識や技術、仕組み、料金はプロになることを前提とした仕様になっています。
制作時間やボリュームは相応にあり、料金も決して安くはありません。
しかし、作品のデザインは日常のファッションに合わせやすく実用的で、テキストやDVDの内容は初心者にもわかりやすいと感じました。
この講座で資格をとって、作った作品を身に着けながら生徒さんに教えるという姿をリアルにイメージできます。

言うなれば、ゼロからプロにもなれる通信講座です。

「ビーズステッチの魅力をもっと感じたい」
「新しい技術や知識を身につけたい」
「自分の可能性を広げたい」

という気持ちには、じゅうぶん応えてくれるのではないでしょうか。

ビーズステッチで出会える新しい世界を知りたくなったとき、「通信講座」という選択をしてみるのも、アリですね!


この記事を書いた人

岡野陽子

岡野 陽子(おかのようこ)

御守アクセサリー作家・ハンドメイドライター。総合情報サイトAll Aboutでビーズガイドとして、ビーズを使った様々な作品の作り方や、ビーズの知識・情報を発信する。

All Aboutビーズ

Twitter:@twsun71

この記事がよかったら♡いいねを押してください♪

学ぶ 学び方ガイド
公開日:2018.07.31

こちらのコンテンツもご覧ください

ビーズステッチの通信講座ってどうなの?|ビーズステッチ.com

ビーズステッチを自宅で学びたい!内容は?料金は?本当に上手になるの…?通信講座について調べてみました。